コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプリケーション仮想化 あぷりけーしょんかそうか

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アプリケーション仮想化

OSに適合したアプリケーションでも、そのOSが組み込まれたPCに入っているドライバやほかのアプリケーションとの競合などで、アプリケーションそのものが動作しないことがある。異なるバージョンの同一ソフトを2つ、同じOSにインストールできないのも、代表的な例である。「アプリケーションの仮想化」においては、アプリケーションそのものと、それが動作するのに必要なリソースDLLレジストリなどが代表的)をパッケージ化し、擬似的な環境ととももにOS上に展開することで、この問題を解決する。仮想化されたゲストOSを切り替えることでも、アプリケーションの競合は回避できるが、アプリケーションの仮想化によってユーザーは切り替えの手間を回避でき、また、システム管理者にとっても管理コストを削減できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アプリケーション仮想化の関連情報