コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプリコットブランデー アプリコットブランデーapricot brandy

飲み物がわかる辞典の解説

アプリコットブランデー【apricot brandy】


あんずの果肉と種子を破砕して発酵させた発酵液を蒸留し、糖分や香料を加えてつくるリキュール。また、ブランデーにあんずを浸漬するなどして風味を加えたリキュールもいう。アルコール度数は15~35度程度。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のアプリコットブランデーの言及

【リキュール】より

…カンパリはイタリア産のビタースの一種で,苦味と甘味をもつ深紅色の酒である。(2)果実・果皮系 核果類を使うものではサクランボ,アンズ,モモをブランデーに浸漬してつくるチェリーブランデー,アプリコットブランデー,ピーチブランデーなどのほか,スローと呼ぶスモモをジンに浸漬してつくるスロージンがある。また,マラスキーノはマラスカ種のブラックチェリーを原料としてつくった蒸留酒にハーブ類や糖分を加えたものである。…

※「アプリコットブランデー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アプリコットブランデーの関連キーワードアプリコットカクテルアプリコットクーラーボヘミアンドリームイエローパロットバレンシアケイトウカクテル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android