アベッセド岩(読み)アベッセドがん(英語表記)abessedite

岩石学辞典の解説

アベッセド岩

橄欖(かんらん)岩の一種で,雲母角閃石橄欖岩と同義.北西ポルトガル,ブラガンザ(Braganza)地方のアベッセド(Abessedo)鉱山に産出する岩石.橄欖石,角閃石の一種のエデマイト(edemite)と金雲母からなり,副成分として磁鉄鉱,クロム鉄鉱,エンスタタイトなどを含んでいる[Cotelo Neiva : 1948].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android