コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロ月面実験装置 アポロげつめんじっけんそうちApollo Lunar Surface Experiment Package; ALSEP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポロ月面実験装置
アポロげつめんじっけんそうち
Apollo Lunar Surface Experiment Package; ALSEP

アポロ 12号で初めて使われた月面での観測装置。地震計,太陽風測定装置,磁力計,イオン検出器,月大気検出器,月面塵検出器などで,これらの測定器の電源にはプルトニウム 238を使用した原子力電池スナップ 27を用い,63Wの電力を1年間供給した。アポロ 11号のものは,それほど本格的なものではないので,初期アポロ科学観測装置とも呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アポロ月面実験装置の関連キーワードアポロ14号

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android