コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマルガム法 アマルガムホウ

3件 の用語解説(アマルガム法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アマルガム‐ほう〔‐ハフ〕【アマルガム法】

鉱石中に含まれる金や銀を水銀とのアマルガムにして抽出し、のち水銀を蒸発させて金や銀を回収する製錬法。混汞法(こんこうほう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アマルガム法【アマルガムほう】

混汞(こんこう)法とも。金,銀が水銀とアマルガムをつくりやすいのを利用した製錬法。鉱石を水銀とともに粉砕してアマルガムを形成させ,表面をアマルガム化した銅板上を流すと,金・銀アマルガムが捕集される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アマルガムほう【アマルガム法】

金銀鉱に対する製錬法の一種。金銀鉱石を水銀に接触させ、水銀アマルガムを作ることによって、金または銀を採取する方法。混汞こんこう法。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアマルガム法の言及

【ラテン・アメリカ】より

…第2期はアンデス高地のポトシ銀山の発見(1545)とメキシコ北部のサカテカス銀山の発見(1546)を契機とする銀開発の隆盛期である。砂金開発とならんで銀開発も征服時代の初期から始まっていたが,二大鉱山の発見に加えアマルガム法の導入(1556)によって低品位鉱石の精製も可能となり,またポトシ近くのワンカベリカで銀の精製に不可欠な水銀の鉱脈が発見された結果,16世紀末には新大陸の銀生産は急激に増大し,世界全体の9割に達した。こうして銀は生産額,生産量の両面で金を上回り,スペインの国庫収入の大半を占めるに至った。…

※「アマルガム法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone