アミダ(英語表記)Amida

翻訳|Amida

世界大百科事典 第2版の解説

アミダ【Amida】

ティグリス川上流東岸の古代都市。現トルコ領ディヤルバクル。ペルシア領から230年にローマ帝国領。638年にアラブ人に征服され,1517年にオスマン帝国領。早くからキリスト教の宣教が行われ,確認しうる最古の主教座(4世紀後半)はアンティオキア教会に属していた。ネストリウス派およびヤコブ派の重要な主教座が置かれたが,14世紀以降キリスト教の勢力は衰えた。17世紀にはアルメニア教会カトリコス座所となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアミダの言及

【ディヤルバクル】より

…人口44万8000(1994),都市域人口70万8000(1994)。古くはアミダAmidaとよばれ,アラビア語ではディヤール・バクルDiyār Bakr。230年にローマの植民地となり,その後7世紀中ごろアラブの支配下に入った。…

※「アミダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アミダの関連情報