コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ酸尿症 アミノさんにょうしょうaminoaciduria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミノ酸尿症
アミノさんにょうしょう
aminoaciduria

尿中にアミノ酸が排泄される状態で,微量ならば健康人にも認められる。しかし,病的状態,たとえば急性黄色肝萎縮,リン中毒,糖尿病性昏睡では,チロシン,グリココール,ロイシンなどのアミノ酸が大量に排出される。遺伝性疾患であるアルカプトン尿症も一種のアミノ酸尿症である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アミノ酸尿症の関連キーワードジカルボキシルアミノ酸尿二塩基アミノ酸尿中性アミノ酸尿腎結石

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android