コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミノ amino

翻訳|amino

世界大百科事典 第2版の解説

アミノ【amino】

第一アミンに含まれている1価の基-NH2。語尾として用いられる場合はアミンamineとなる。たとえばCH3NH2はアミノメタンまたはメチルアミンと呼ぶ。【竹内 敬人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アミノ【amino】

一価の基 -NH2 の名称。
アミノ基に関連していることを表す語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アミノの関連キーワードグルタミン酸分岐鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ分枝アミノ酸アミノトランスフェラーゼアミノアゾベンゼン(データノート)分岐鎖アミノ酸トランスアミナーゼ分岐鎖アミノ酸アミノ基転移酵素アデノシン一リン酸デアミナーゼ分枝アミノ酸トランスアミナーゼアミノ安息香酸(データノート)フェニルイソチオシアネートアミノトランスフェラーゼアデノシンデアミナーゼトランスアミネーショントランスアミナーゼアミノアゾベンゼンパラアミノ安息香酸アミノ基転移酵素アミノサリチル酸アミノフェノールアミノ基転移反応

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アミノの関連情報