コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一価 イッカ

2件 の用語解説(一価の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっ‐か【一価】

原子価が1であること。また、ある原子1個が、水素原子1個と化合しうること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いっか【一価】

元素の原子価が一であること。また、ある基(原子あるいは原子団)が他の原子と単結合を一つつくりうること。
イオンのイオン価が一であること。
酸一分子が、水素イオンとして放出しうる水素原子を一個もっていること。塩基一分子が、水酸化物イオンとして放出しうるヒドロキシル基を一個もっていること、または、塩基一分子が水素イオン一個と反応しうること。
有機化合物が、その分子中に、ある基を一個もっていること。特に、アルコール一分子が、ヒドロキシル基を一個もっていること(一価アルコール)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一価の関連キーワード化学当量原子価原子価電子原子線国際原子量一酸化グラム原子同位核一価元素アベッグの規則

一価の関連情報