アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)(読み)アメノミナカヌシノカミ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)
アメノミナカヌシノカミ

天地開闢のとき,高天原に最初に現れた元始神。後代に,北辰信仰と合し,妙見信仰を生む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android