コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ下院の「慰安婦」決議 あめりかかいんのいあんふけつぎ U.S.House of Representatives seeks Sex Slavery Apology from Japan

1件 の用語解説(アメリカ下院の「慰安婦」決議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アメリカ下院の「慰安婦」決議

アメリカ下院本会議は、2007年7月30日、第2次世界大戦中に「慰安婦」とされた人たちに対し、日本政府が公式に謝罪するよう求める決議を採択した。これに先立ち、日本の国会議員の有志たちは、「慰安婦」が強制によるものではなかったことを訴える全面広告を「ワシントンポスト」紙に掲載したが、下院はそれを無視し、下院本会議としては初めて上記決議を行った。すでに日本では、この問題に対処するため、1995年7月に、「女性のためのアジア平和国民基金」を設置し、慰安婦1人当たり200万円の償い金の支払い、首相の手紙の送付、政府拠出の39億円による医療福祉支援事業を行ってきたが、2007年3月末日をもって事業を終了し、同基金を解散していた。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカ下院の「慰安婦」決議の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカ汎アメリカ会議アメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカンアメリカ草あめりか物語汎米会議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone