コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモル Amor

百科事典マイペディアの解説

アモル

エロス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アモル
あもる
Amor

ギリシア神話の恋の神エロスのラテン語名で、愛を意味する。ローマ神話の女神ウェヌス(ビーナス)の息子クピド(キューピッド)もエロスと同一神である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアモルの言及

【エロス】より

…ギリシア神話の愛の神。ラテン語では,アモルAmorあるいはクピドと呼ばれた。ヘシオドスは《神統記》においてエロスを,世界生成の際にカオス(混沌)に続いてガイア(大地)およびタルタロス(深淵)とともに生まれた,神々のなかでも最も美しい神と述べている。…

【クピド】より

…英語ではキューピッドCupid。女神ウェヌス(ビーナス)の子で,アモルAmor(〈愛〉の意)とも呼ばれる。もともとローマ人の崇拝の対象としてあった神ではなく,ギリシアのエロスにラテン語の普通名詞をあてたもの。…

【プシュケー】より

…このような事情は,心や精神と関係する近代西欧語,たとえば英語psychology(心理学),psychiatry(精神医学)などの語に反映されている。ヘレニズム時代には,女性に擬人化されたプシュケーと愛の神エロス(ラテン語でクピドまたはアモル)の物語が詩や美術に好んで採り上げられた。アプレイウスが伝える物語は,そうした神話にお伽噺の要素を混じえたものである。…

※「アモル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アモルの関連キーワードモルテージ 駒ヶ岳ピュアモルトウイスキー 10年ポリシーリコンTFT液晶ディスプレイニッカ竹鶴ピュアモルトハイボールステーブラー‐ロンスキ効果低温ポリシリコンTFT液晶低温ポリシリコンTFT技術エロス(ギリシア神話)低温ポリシーリコン液晶アモルファスシリコンピュアモルトホワイトアモルファスデバイスピュアモルトブラックピュアモルトレッドアモルファス半導体アモルファス合金竹鶴ピュアモルトアモルファス物質非結晶性高分子エロス(神話)非晶質シリコン