コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤラ比(髄圧比) Ayala's quotient

法則の辞典の解説

アヤラ比【Ayala's quotient】

アヤラ指数」,ときには「髄圧比」と呼ぶこともある.脳脊髄液の量の異常を知るための検査指標の一つ.髄液を10ml採取したとき,採取前の髄液の圧力と,採取後の圧力の比を10倍したもの.この比が5.5 ~ 6.5であれば正常であるが,5以下となると液貯留が少なくなっていることを意味し,逆に7以上の値は液貯留の増大を意味する.この比の低下はクモ膜下ブロックなどが原因と考えられ,増大は水頭症や漿液性髄膜炎において認められる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

アヤラ比(髄圧比)の関連キーワード圧容積指数

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android