コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髄液 ズイエキ

世界大百科事典 第2版の解説

ずいえき【髄液 cerebrospinal fluid】

脳脊液ともいう。脳室,中心管およびくも膜下腔を満たしている間質液またはリンパ液によく似た組成の液で,全量100~150mlの1/2は脳部に,1/2は脊髄部にある。髄液は側脳室および第四脳室内壁にある脈絡叢から毎分0.26~0.65ml分泌され,第四脳室の正中口および外側口を通って脳室の内から外へ流出し,小脳延髄槽,橋槽,テント切痕を経てテント上に達した後,大脳半球外表を上行し,上矢状静脈洞内へ陥入しているくも膜顆粒を通って血中に吸収される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ずいえき【髄液】

蜘蛛膜くもまく下腔、脳室および脊髄せきずいの中心管を満たしている液体。脳室脈絡叢で生成される。主として脳・脊髄を保護。脳脊髄液。脳漿のうしよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

髄液
ずいえき

脳脊髄(せきずい)液ともいい、脳室およびくも膜下腔(かくう)を満たしている液で、その総量は100~150ミリリットルといわれ、脳および脊髄を浸しながら絶えず循環している。その大部分は脳室(おもに側脳室)の脈絡叢(そう)で生成され、延髄背側の第四脳室にある小さいマジャンディMagendie孔およびルシュカLuschka孔とよばれる出口を通って脳室系からくも膜下腔に入り、脳と脊髄のくも膜下腔を循環し、上矢状(じょうしじょう)静脈洞の中に突出しているくも膜顆粒(かりゅう)を経由して静脈洞に吸収される。髄液は脳と脊髄を包み、骨と脳との間にあって滑剤のように作用し、また外からの機械的衝撃に対しては、クッションのように作用するなど、主として脳と脊髄を保護する役割を果たしている。
 中枢神経系の病気の際には、髄液は病気の診断の重要な資料となるので、腰椎(ようつい)あるいは後頭下の部位でくも膜下腔に針を刺し(腰椎穿刺(せんし)あるいは大槽穿刺)、髄液圧を測定したり、髄液を採取して混濁や凝固の有無、色調など外観を見たり、細胞や各種反応を検査したりする。[海老原進一郎]

髄液圧

くも膜下腔に穿刺した針にマノメーター(圧力計)を接続して測定する。健康成人の髄液圧は臥位(がい)で70~150ミリメートル水柱であるが、圧測定中に咳(せき)をしたり、力んだり、頸(けい)静脈を圧迫すると、圧は上昇する。髄液圧は脳腫瘍(しゅよう)や髄膜炎、脳血管障害の急性期に高くなる。くも膜下腔が閉塞(へいそく)するような中枢神経系の病気があると、頸静脈を圧迫しても圧は上昇しない。[海老原進一郎]

髄液混濁

正常な髄液は水様透明であるが、髄膜炎などで髄液中に白血球が多数混ざると、髄液は混濁する。そのほか、髄液のタンパク含有量が増加すると、髄液は黄色調を呈し、採液後に液が自然凝固したりする。脳出血やくも膜下出血などで髄液中に赤血球が混じると、髄液は血性あるいは黄色調となる。[海老原進一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

髄液の関連キーワードくも膜下出血(蜘蛛膜下出血)髄液の産生と吸収のバランスマクロライド系抗生物質脳槽シンチグラフィー特発性正常圧水頭症アヤラ比(髄圧比)無菌性髄膜炎症候群好酸球性髄膜脳炎髄液タップテスト低髄液圧症候群VPシャント術脳脊髄液減少症パンディー反応髄液シャント術LPシャント術髄液排除試験脳脊髄液指数正常圧水頭症脳室上衣腫シャント術

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髄液の関連情報