コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラムート城 アラムートジョウ

デジタル大辞泉の解説

アラムート‐じょう〔‐ジヤウ〕【アラムート城】

Alamūt》イラン北西部の都市ガズビーンの近郊にある城塞跡。イスラム教イスマーイール派の一支派、アサシン教団で知られるニザール派の指導者ハサン=サッバーフにより建造。モンゴル帝国の攻撃を受けて破壊され、現在は城壁や遺構の一部のみが見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アラムート城の関連キーワードシャールクネアーラム廟クアラ・ルンプルコロマンデル海岸ハサン・サッバーフフンジーインド映画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android