コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリストゲイトン Aristogeitōn

世界大百科事典 第2版の解説

アリストゲイトン【Aristogeitōn】

古代アテナイの中産市民。生没年不詳。前514年のパンアテナイア祭の日にハルモディオスそのほかの同志と共に僭主ヒッピアスとその弟ヒッパルコスの殺害をたくらんだ。しかし計画は失敗し,ヒッパルコスを殺しただけにおわり,彼はつかまって処刑された。この事件は若い男ざかりのハルモディオスをめぐる恋のさや当てが原因らしい。しかし,後になるとアリストゲイトンは僭主政を倒した伝説的な英雄と見なされていった。【安藤 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストゲイトン

ハルモディオスとアリストゲイトン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリストゲイトンの関連キーワードクリティオスとネシオテスアテネ(ポリス)アンテノール僭主殺害者

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android