殺害(読み)さつがい

精選版 日本国語大辞典「殺害」の解説

さつ‐がい【殺害】

〘名〙 人を殺すこと。→せつがい
※機械(1930)〈横光一〉「見て了った以上は殺害することも出来ない限り見られ損になるだけで」
[語誌]古本節用集の類では「せつがい」と読まれており、明治期の辞書にも「せつがい」のしかなく、「さつがい」の見出しが見られるのは大正期以降である。

せつ‐がい【殺害】

〘名〙 (「せつ」は「殺」の呉音) 人を殺すこと。さつがい。せちがい。
※律(718)職制「情理切害者斬」
※読本・英草紙(1749)四「義氏を殺害(セツガイ)して人民の助とせんと」

せち‐がい【殺害】

※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「唯繋縛と殺害(セチガイ)と瞋諍とのみ有りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「殺害」の解説

【殺害】さつがい

殺す。〔後漢書卓伝〕(等、稍(やうやく)利を爭ひ、(こもごも)し、其の部曲、竝びに各乖(ぶんくわい)す。

字通「殺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android