殺害(読み)サツガイ

精選版 日本国語大辞典の解説

さつ‐がい【殺害】

〘名〙 人を殺すこと。→せつがい
※機械(1930)〈横光利一〉「見て了った以上は殺害することも出来ない限り見られ損になるだけで」
[語誌]古本節用集の類では「せつがい」と読まれており、明治期の辞書にも「せつがい」の項しかなく、「さつがい」の見出しが見られるのは大正期以降である。

せち‐がい【殺害】

※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「唯繋縛と殺害(セチガイ)と瞋諍とのみ有りて」

せつ‐がい【殺害】

〘名〙 (「せつ」は「殺」の呉音) 人を殺すこと。さつがい。せちがい。
※律(718)職制「情理切害者斬」
※読本・英草紙(1749)四「義氏を殺害(セツガイ)して人民の助とせんと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android