殺害(読み)サツガイ

  • せちがい
  • せつがい

大辞林 第三版の解説

スル
古くはせつがい
人を殺すこと。 盗賊に-された
スル
せつは呉音
さつがいに同じ。 怒りに乗じて人を-し/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人を殺すこと。→せつがい
※機械(1930)〈横光利一〉「見て了った以上は殺害することも出来ない限り見られ損になるだけで」
[語誌]古本節用集の類では「せつがい」と読まれており、明治期の辞書にも「せつがい」の項しかなく、「さつがい」の見出しが見られるのは大正期以降である。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「唯繋縛と殺害(セチガイ)と瞋諍とのみ有りて」
〘名〙 (「せつ」は「殺」の呉音) 人を殺すこと。さつがい。せちがい。
※律(718)職制「情理切害者斬」
※読本・英草紙(1749)四「義氏を殺害(セツガイ)して人民の助とせんと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殺害の関連情報