コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリソガイ Coelomactra antiquata; antique mactra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリソガイ
Coelomactra antiquata; antique mactra

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科。殻長 11.5cm,殻高 9.5cm,殻幅 5.5cmに達する大型種。殻は三角形状で殻頂部がよくふくらみ,薄質でもろい。殻頂部は帯青紫色,殻皮は薄く帯褐色で成長脈に沿って明らかである。殻内面も青紫色を帯び,噛み合せの歯は殻頂の下に大きい弾帯受けがある。軟体の足は白色。食用となる。太平洋側は房総半島,日本海側は男鹿半島以南,また中国大陸に分布し,浅海の細砂底にすむ。唐の玄宗皇帝がこれを食し,その美味を賞し傾国の美女にあやかって西施舌 (シーシーシャ) と名づけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリソガイ
ありそがい / 荒磯貝・有磯貝
[学]Coelomactra antiquata

軟体動物門二枚貝綱バカガイ科の二枚貝。太平洋側では房総半島、日本海側では山形県以南、九州までの各地と中国沿岸に分布し、外洋的環境の浅海細砂底にすむ。殻長115ミリメートル、殻高95ミリメートルに及ぶ大形のハマグリ形状の種で、殻頂部は青紫色を帯び、粗い黄褐色の殻皮が成長脈に沿ってはっきりみられる。殻頂下方にある歯の間に大きい弾帯受があり前後側歯は長い。食用となる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアリソガイの言及

【ミルクイガイ(海松食貝)】より

…水管は食用として美味で,すし種になる。本草書では西施舌にミルクイガイがあてられているが,ミルクイガイは中国では産出せず,これはアリソガイCoelomactra antiquataのことである。アメリカ西海岸にはアメリカミルクイT.nuttalliを産するが,アメリカナミガイPanopea generosaとともにミルクイガイの代用品として日本へ輸出している。…

※「アリソガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報