コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ加水分解

栄養・生化学辞典の解説

アルカリ加水分解

 アルカリを使って加水分解すること.例えばタンパク質を酸で加水分解するとトリプトファンが破壊され定量できないので,アルカリによって加水分解して定量する.トリアシルグリセロールをNaOHで加水分解してセッケンを作るのはグリセロールエステルのアルカリによる加水分解の例.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アルカリ加水分解の関連キーワードベンジルアルコールセチルアルコールクロロフィルチロキシングアニル酸グアノシンアセト酢酸

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android