アルカリ加水分解

栄養・生化学辞典の解説

アルカリ加水分解

 アルカリを使って加水分解すること.例えばタンパク質を酸で加水分解するとトリプトファンが破壊され定量できないので,アルカリによって加水分解して定量する.トリアシルグリセロールをNaOHで加水分解してセッケンを作るのはグリセロールエステルのアルカリによる加水分解の例.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android