コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano solo Huitieme concerto en re mineur avec les deux cadence

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

アルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano solo

アルカンは19世紀パリにおけるピアノ音楽のパイオニアであると同時に、古典音楽に造詣の深い演奏家でもあった。古典音楽の守護者、比類ないヴィルトゥオーゾ、急進的な作曲家としてのこの性格は1850年代から6 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

アルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano soloの関連キーワードアルカン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android