コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイオニア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイオニア

音響機器専門メーカー。 1938年福音商会電機製作所として創業,47年福音電機を設立して前社を吸収,61年現社名に変更。スピーカーメーカーとして出発し,アンプ,レコードプレーヤーテープデッキからステレオ・セットメーカーへと発展,カーステレオレーザーディスク,ボディソニック,レーザーディスクソフト製造なども手がける。エンタテインメント性を重視し, DVD,PDPに力を注ぐ。売上構成比は,オーディオ 18%,映像 17%,カーエレクトロニクス 55%,その他 10%。年間売上高 5688億 5700万円 (SEC方式。うち輸出 59%) ,資本金 484億 3000万円,従業員数 7081名 (1999) 。

パイオニア
Pioneer

惑星間空間の探査のために計画されたアメリカの第1世代の無人人工探査機シリーズの一つ。最初の5機のパイオニア (0~4号) はの近傍を調べることが目的であり,他のパイオニアは惑星を探査し,惑星間空間の粒子や磁場の作用を調べるものであった。 1965年に打ち上げられたパイオニア6号は,地球金星の間の空間状態を調べるために太陽を回る軌道に打ち上げられた。それによって,太陽のコロナやコホーテク彗星の尾に関する情報だけでなく,太陽風や太陽からの宇宙線に関するデータも取得した。 1972年のパイオニア 10号は,1973年に木星の近くを飛行した際,木星の磁気圏が巨大な尾状に広がっていることを発見した。 1973年のパイオニア 11号は,パイオニア・サターンとも呼ばれるが,1974年 12月に木星付近を通過,1979年9月には土星から2万 1000km付近を飛行した。そのデータと写真から土星には新たに輪が二つ見出され,磁気圏の中に帯状の放射領域の存在もわかった。パイオニア 10号と 11号には,絵を刻んだ金メッキ板が載せられており,これらの人工探査機に出合う地球外生命体へのメッセージとなっている。さらに 1978年には2台のパイオニア・ビーナス探査機対 (12,13号) が打ち上げられ,同年末に目的地へ到達した。オービターと呼ばれる 12号は金星の雲と大気を調べ,レーダーによって金星表面の 90%以上の部分の地図を作成した。マルチプローブと呼ばれる 13号は,金星大気の物理的・化学的な性質を調べるために,一つの大きな観測機器と三つの小型の観測機器を大気中に投下した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

パイオニア

スピーカーメーカーとして1938年に創業した「福音商会電機製作所」が前身。現在はプラズマテレビやオーディオシステムなどを製造するホームエレクトロニクス事業とカーナビカーオーディオなどのカーエレクトロニクス事業が収入の2本柱。連結売上高は7971億円。グループ従業員は3万7622人。

(2008-03-08 朝日新聞 朝刊 山梨全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パイオニア(pioneer)

他に先駆けて物事を始める人。先駆者開拓者。「日本における半導体のパイオニア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

パイオニア

Pioneer》イギリス海軍の航空母艦。コロッサス級航空母艦。着工時の予定艦名は「エサリオン」。その後「マーズ」に変更され、進水後に「パイオニア」に改名された。1945年2月就役。1954年退役。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

パイオニア

正式社名「パイオニア株式会社」。英文社名「PIONEER CORPORATION」。電気機器製造業。昭和13年(1938)前身の「福音商会電機製作所」創業。同22年(1947)「福音電機株式会社」設立。同36年(1961)現在の社名に変更。本社は川崎市幸区新小倉。音響・映像機器メーカー。カーオーディオ製品やカーナビゲーションシステムが主力。東京証券取引所第1部上場。証券コード6773。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

パイオニア【pioneer】

ある分野の開拓者。先駆者。 「 -精神」 「近代医学の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のパイオニアの言及

【宇宙開発】より

…地球にもっとも近い金星には,ソ連が1965年金星表面にペナントを送り込んで以来,82年までに14機のベネラVenera(金星の意)探査機を送り,金星の表面の探査においてはいつも先駆的役割を果たしてきた。一方,アメリカはマリナー10号(1973‐74)によって金星の上空の大気を測定し,パイオニア金星(1978)によって地表データを得ている。 火星より遠い,木星以遠の星と金星より太陽に近い水星とは,そこにいくためにいずれもロケットの能力が格段に大きいものが要求されるので〈深宇宙〉ということがある。…

【月】より

…計画は70年10月の8号まで実施され,探査機にはコムギやマツの種,バクテリア,カメ,ハエなどが乗せられていた。
[パイオニア]
 アメリカの月探査計画のごく初期に,パイオニアの名を冠した月探査機が打ち上げられているが,成功したのは1959年3月に打ち上げられ,バン・アレン帯や惑星間磁場の測定を行い月から約6万kmを通過して人工惑星になった重量6kgの4号のみで,1958年4月から12月までに発射された0~3号の4機および59年9月から60年12月の間に月の孫衛星を目ざして打ち上げられた4機のパイオニア・オービターはいずれも失敗しており,その後,月探査にパイオニアの名は使用されていない。パイオニア計画
[レンジャー]
 月面に重量300~370kgの探査機を命中させ,衝突直前まで月面のクローズアップ写真を撮るとともに,衝突による振動を搭載した地震計で計測するなど,月軟着陸のための準備的性格をもつアメリカのNASAによる計画。…

【土星】より

…美しい環をもつことで有名である。1979年9月1日,惑星探査器パイオニア11号が表面から2万1400kmまで接近したのをはじめとして,80年11月と81年8月にはボエジャー1,2号がそれぞれ12万4000kmと10万0800kmまで接近してテレビ撮影など詳しい観測を行った。 表面は木星と同様な縞模様が見られるが,表面重力が弱いのと太陽から遠く低温のため,木星より大気活動が弱く,渦や斑点も少なく模様は淡い。…

【パイオニア計画】より

…探査機(名称パイオニアPioneer)による月,惑星,あるいは惑星間空間の探査計画。0号から2号はアメリカ空軍,3号,4号はアメリカ陸軍が担当,以降はNASA(ナサ)によって行われた。…

【惑星】より

…また着陸探査体に搭載されたテレビカメラにより,金星表面が岩だらけの世界であり,意外に明るい(地球での曇りの日程度)ことを示す画像を伝送した。78年の打上げの際にはソ連がベネラ11,12号,アメリカがパイオニア・ビーナス1,2号と,計4機の探査機を金星に送った。ベネラ11,12号には雷の検知器が搭載され,平均として毎秒25回,合計約1000回の落雷を観測した。…

※「パイオニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パイオニアの関連キーワードアルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano soloNEC・パイオニアのダブル閉鎖レインフォレストシークレッツオットー リリエンタールパチスロ・ハナハナの日Pure Visionキャロライン ベイリー東建コーポレーションDVDコンソーシアムDVDリライタブルヤマト運輸[株]DVRトキメック[株]カラスザンショウAir navi東北パイオニア楽ナビLiteカロッツェリア火のエレメントサイバーナビ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パイオニアの関連情報