造詣(読み)ぞうけい

精選版 日本国語大辞典「造詣」の解説

ぞう‐けい ザウ‥【造詣】

〘名〙 学問・芸術・技術などについての深い理解やすぐれた技量。また、それをきわめていること。
※明極楚俊遺稿(14C中か)厳侍者静林号説「自古学道之士。静処林泉。方獲
※架空文庫について(1947)〈渡辺一夫〉「辰野先生はなかなか寄書珍書に関する御造詣(ごゾウケイ)は深い」 〔新唐書‐崔咸伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「造詣」の解説

【造詣】ぞう(ざう)けい

いたる。また、学問・技芸の奥所に通じる。宋・朱熹〔何叔京に答ふる書、四〕易(つつし)んで大賜を拜せり。三復味、詣の深き、踐履(せんり)の熟せるを想見す。

字通「造」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android