アルジュナ寺院群(読み)アルジュナジイングン

デジタル大辞泉の解説

アルジュナ‐じいんぐん〔‐ジヰングン〕【アルジュナ寺院群】

Candi Arjuna》インドネシア、ジャワ島中部のディエン高原にあるヒンズー教寺院群。8世紀から9世紀頃にかけて建造され、ヒンズー教の寺院としては同島最古とされる。壁面シバ神をはじめヒンズーの神々の浮き彫りが施された、アルジュナ寺院・ガトゥカチャ寺院・ビマ寺院などが点在する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android