アルタムラ(英語表記)Altamura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタムラ
Altamura

イタリア南東部,プーリア州バリ県の都市。バリの南西約 43km,ムルジェサレンティナ丘陵の斜面 (470m) にある。町はその名前の由来である高い壁で囲まれ,長円形をしている。 1200年頃シュワーベンのフリードリヒ2世により建設された。彼が 32年に建立したロマネスク様式のアスンツィオーネ大聖堂がある。主要な産物は家畜と穀物類で,羊毛の市場も開かれる。人口4万 7462 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android