コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタムラ アルタムラAltamura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタムラ
Altamura

イタリア南東部,プーリア州バリ県の都市。バリの南西約 43km,ムルジェサレンティナ丘陵の斜面 (470m) にある。町はその名前の由来である高い壁で囲まれ,長円形をしている。 1200年頃シュワーベンのフリードリヒ2世により建設された。彼が 32年に建立したロマネスク様式のアスンツィオーネ大聖堂がある。主要な産物は家畜と穀物類で,羊毛の市場も開かれる。人口4万 7462 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android