コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばり バリ

デジタル大辞泉の解説

ばり

金属やプラスチックの加工過程で、製品の縁(へり)などにはみ出したりしてできる余分な部分。「プラモデルばり」「鋳(い)ばり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばり【burr】

鍛造品や鋳造品の製造の際に正規の形状の外へはみ出した薄いひれ状の部分をいう。これは型と型との合せ目に材料がはみ出して形成されるもので,製品を仕上げるときに研削によって取り除かれる。形鋼や線材の圧延においても,材料が穴型内へ過剰に加えられると生じる。通常は歓迎されないものであるが,型鍛造などにおいて型内の圧力レベルを上げたいときは,積極的にばりの生じることを計算に入れてプロセスを設計することがある。【木原 諄二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ばりの関連キーワードストリーマーフライ宮城県角田市稲置蚊鉤・蚊針・蚊鈎張り木・張木おばりよん前張の大口テリトリー披針・鈹鍼ジョイスト越智平野なわばりレース針窄り若衆意地尽く田中愛薬医門地張い小屋束夜つ尿網結針

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばりの関連情報