コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルダン あるだん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルダン
あるだん
Алдан Aldan

ロシア連邦東部、サハ自治共和国、アルダン区の行政中心都市。エニセイ川の支流アルダン川の上流域にある。アムール川上流域とヤクーツク間の幹線自動車道に沿い、シベリア鉄道ボリショイ・ネベール駅から北方648キロメートルの地点である。人口2万(2003年推計)。サハ南部の金と雲母(うんも)の採取業の中心地。1920年代に豊富な産金地が発見されてから集落が発達し、1939年に市が形成された。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアルダンの言及

【シベリア】より

…ヤクーチアのミールヌイでは工業用ダイヤモンドが露天掘りで採取される。ヤクーチアではまた,アルダンAldanをはじめとして金の採取が盛んである。BAM沿線のウドカンUdokanは銅鉱の埋蔵量が豊富で,近々に製銅の中心となるだろう。…

※「アルダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルダンの関連キーワードベルホヤンスク[山脈]ジュクタイ洞窟遺跡ベルホヤンスク山脈スンタルハヤタ山脈ソーシャルダンスジュグジュル山脈ジュクタイ洞窟アンガラ楯状地PARTNERかくも長き不在シベリア台地森しげひさ子8人の女たちツングース語アルダン高原社交ダンス栗原みきこサハ共和国レナ[川]ポヤルコフ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android