コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルハイ(洱海)湖 アルハイこEr hai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルハイ(洱海)湖
アルハイこ
Er hai

中国南部,ユンナン (雲南) 省西部,ターリー (大理) パイ (白) 族自治州の中部にある湖。耳のような形をしているので 洱海と名づけられた。面積約 250km2。湖面標高 1980m。断層湖で,西岸にティエンツァン (点蒼) 山 (4122m) がそびえる。北からシーアル (西 洱) 川が流入し,南西岸から流出して,ヤンピー江を経てランツァン (瀾滄) 江に注ぐ。漁業が盛んで,美味で知られるコン (弓) 魚を特産する。景勝の地が多い。周辺は肥沃なターリー盆地で,早くから稲作が行われ,唐代には南詔国,宋代には大理国の中枢地域であった。西岸にターリー市が立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルハイ(洱海)湖の関連キーワードターリー(大理)市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android