コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層湖 だんそうこfault lake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層湖
だんそうこ
fault lake

地盤運動の結果地表に生じた断層盆地内に水がたまってできた湖。一般に湖岸線は単純で,直線的なものが多く,深度も大。例としては琵琶湖諏訪湖,シベリアのバイカル湖,アフリカのタンガニーカ湖など。バイカル湖は世界でいちばん深く,タンガニーカ湖がそれに次いでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんそう‐こ【断層湖】

断層運動によって生じた凹地にできた湖。諏訪湖など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんそうこ【断層湖】

周りを断層で囲まれた凹地が湖になったもの。バイカル湖・死海・諏訪湖など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断層湖
だんそうこ

断層運動に伴って生じた凹地に水をたたえた湖。構造湖の一種。形状は一般に単純で、湖岸の傾斜は急であることが多い。湖底は広く平坦(へいたん)であるが、深い溝状の窪地(くぼち)をつくる場合もある。面積が大きく深度も大きい湖が多く、世界最深のロシアのバイカル湖(1741メートル)、第2位のアフリカのタンガニーカ湖(1471メートル)などはその例である。日本では、琵琶湖(びわこ)(103.8メートル)や長野県の青木湖と諏訪湖(すわこ)が代表例としてあげられる。断層湖のうち、両側を断層崖(がい)によって限られた凹地に生じた湖を、とくに地溝湖とよぶ。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

断層湖の関連キーワードアルハイ(洱海)湖イシク・クル[湖]バイカル[湖]【てん】池諏訪盆地雲貴高原仁科三湖三方五湖断層運動地下水中綱湖青木湖木崎湖余呉湖陥没湖湖沼死海

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android