コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断層湖 だんそうこfault lake

4件 の用語解説(断層湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断層湖
だんそうこ
fault lake

地盤運動の結果地表に生じた断層盆地内に水がたまってできた湖。一般に湖岸線は単純で,直線的なものが多く,深度も大。例としては琵琶湖諏訪湖シベリアバイカル湖アフリカタンガニーカ湖など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だんそうこ【断層湖】

周りを断層で囲まれた凹地が湖になったもの。バイカル湖・死海・諏訪湖など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断層湖
だんそうこ

断層運動に伴って生じた凹地に水をたたえた湖。構造湖の一種。形状は一般に単純で、湖岸の傾斜は急であることが多い。湖底は広く平坦(へいたん)であるが、深い溝状の窪地(くぼち)をつくる場合もある。面積が大きく深度も大きい湖が多く、世界最深のロシアのバイカル湖(1741メートル)、第2位のアフリカのタンガニーカ湖(1471メートル)などはその例である。日本では、琵琶湖(びわこ)(103.8メートル)や長野県の青木湖と諏訪湖(すわこ)が代表例としてあげられる。断層湖のうち、両側を断層崖(がい)によって限られた凹地に生じた湖を、とくに地溝湖とよぶ。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone