西岸(読み)せいがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「西岸」の解説

西岸 せいがん

1571-1642 織豊-江戸時代前期の
元亀(げんき)2年生まれ。日蓮宗の日遠(にちおん)に師事し,のち天台宗にあらため,比叡(ひえい)山で天台学を,神護寺で真言密教をまなぶ。伊勢(いせ)(三重県)西来(せいらい)寺などの住持をへて京都壬生(みぶ)寺に閑居した。寛永19年9月19日死去。72歳。京都出身。法名は良澄(りょうちょう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「西岸」の解説

せい‐がん【西岸】

〘名〙 西がわの
※和漢朗詠(1018頃)上「東岸西岸の柳、遅速同じからず〈慶滋保胤〉」
※太平記(14C後)一九「東岸の流せかれて、西岸の水の早き事、宛龍門三級の如なれば」 〔杜甫‐黄河詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android