西岸(読み)セイガン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西岸 せいがん

1571-1642 織豊-江戸時代前期の僧。
元亀(げんき)2年生まれ。日蓮宗日遠(にちおん)に師事し,のち天台宗にあらため,比叡(ひえい)山で天台学を,神護寺真言密教をまなぶ。伊勢(いせ)(三重県)西来(せいらい)寺などの住持をへて京都壬生(みぶ)寺に閑居した。寛永19年9月19日死去。72歳。京都出身。法名良澄(りょうちょう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐がん【西岸】

〘名〙 西がわの岸。
※和漢朗詠(1018頃)上「東岸西岸の柳、遅速同じからず〈慶滋保胤〉」
※太平記(14C後)一九「東岸の流せかれて、西岸の水の早き事、宛龍門三級の如なれば」 〔杜甫‐黄河詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西岸の関連情報