コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洱海 じかい

2件 の用語解説(洱海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洱海
じかい

「アルハイ (洱海) 湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


じかい / アルハイ

中国、雲南(うんなん/ユンナン)省の西部の湖。形が耳に似ていることからこの名がつけられた。面積は約250平方キロメートル、湖面の標高は1980メートル。周囲は雲貴高原上に散在する断層盆地の一つで、盆地内の低地に北から流入する西(せいじが)の水がたまり、湖を形成した。湖の南から漾(ようひこう)が流出し、瀾滄江(らんそうこう/ランツァンチヤン)(メコン川)に注ぐ。湖内の3島(金梭(きんさ)島が最大)や西岸の点蒼(てんそう)山をはじめとして景勝地が多い。湖岸の肥沃(ひよく)な平野は、古くから稲作が行われ、唐代には南詔(なんしょう)国、宋(そう)代には大理(だいり)国の中心地であった。湖内は漁業が盛んで、特産の「弓魚」(コイ科の魚)が生息する。[青木千枝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洱海の言及

【雲貴高原】より

…石灰岩からなる石林,ドリーネなどのカルスト地形が発達,東部の貴州高原では全域の70%をしめる。雲南東部では山地性の高原が続くが,中央部には壩子(はし)とよばれる盆地が形成され,滇池(てんち),洱海(じかい)などの断層湖も多い。明の徐弘祖はこの地域を調査し《徐霞客遊記》に詳細な記録を残している。…

※「洱海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone