コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフィオス川 アルフィオスがわPotamós Alfiós

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルフィオス川
アルフィオスがわ
Potamós Alfiós

古代ギリシア語読みではアルフェイオス Alpheios。ギリシア,ペロポニソス半島西部を流れる川。全長 110km。同半島南部,タイエトス山地北麓に源を発し,北流したのち,メガロポリス平野で北西に流れを変え,オリンビア (古代名オリンピア) のやや上流で北東から流れてくるエリマンソス,ラドナスの2支流を集め,イオニア海のキパリシアコス湾に注ぐ。川の名は神話に登場する河神の名に由来し,この川がアルカディアの石灰岩山地を流れる際しばしば伏流となるところから,河水の一部が地下水となってイオニア海を越え,西のシチリア島のシラクサに泉となって湧出するという伝説が生れたと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アルフィオス川の関連キーワードエリス(ギリシアの地名)ピルゴス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android