コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルフレイ‐プライスの式(高分子化学) Alfrey-Price's scheme

1件 の用語解説(アルフレイ‐プライスの式(高分子化学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アルフレイ‐プライスの式【Alfrey-Price's scheme】

遊離基共重合反応において,それぞれモノマーの反応性比を,モノマー自体および遊離基の反応性と関連させるために提案された式である.

モノマー j の比反応性を Qj,exp(-ejej)をモノマー中の二重結合の電荷の偏りとラジカルの反応点における電荷を表すものとすると,成分1,2に対応するモノマー反応性比 r1r2 は下のようになる.

基準物質としてスチレンを採用し,Q=1.0,e=-0.8とおいていろいろなモノマーについての Qe の値が求められている.メイヨー‐ルイス式*の項も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフレイ‐プライスの式(高分子化学)の関連キーワード共重合ラジカル反応各部流流光化学反応共重合ポリエチレン熱酸化重合ラジカルスカベンジャーゲル効果(重合)ファインマン‐ロス法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone