コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルブチン arbutin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルブチン
arbutin

化学式 C12H16O7 。フェノール配糖体の一種。ウワウルシコケモモなどのツツジ科植物の葉に分布する。無色針状晶。融点 142℃ (結晶水1分子を含むもの) ,200℃ (無水物) 。水に易溶。塩化第二鉄で青色を呈する。尿路消毒剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアルブチンの言及

【ウラシマツツジ】より

… 基本変種のA.alpina (L.) Spreng.(英名Alpine bearberry)は北半球の寒帯に分布し,葉や花が小さい。同属の別種ウワウルシ(一名クマコケモモ)A.uvaursi (L.) Spreng.(英名bearberry)(イラスト)は北半球の周極地方に分布する常緑小低木で,葉に配糖体アルブチンarbutin,タンニンなどを含み,乾かした葉を防腐収れん薬や利尿薬として用いるし,茶の代用にしている所もある。この属のいくつかの種は,ヨーロッパやアメリカでロックガーデンや庭園に栽植される。…

※「アルブチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アルブチンの関連キーワード美白化粧料美白化粧品ソバカスシミ

アルブチンの関連情報