コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水物 むすいぶつ anhydride

翻訳|anhydride

4件 の用語解説(無水物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無水物
むすいぶつ
anhydride

水を含まない化合物のことで,通常次のようなものをさす。 (1) 結晶水を含んで結晶している物質から,その結晶水を除いた化合物。無水硫酸ナトリウムなど。 (2) 水と反応して酸になる化合物。例として無水炭酸無水硫酸無水フタル酸のような酸無水物があげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むすい‐ぶつ【無水物】

無機化合物で、結晶水をもたない無水塩や、無水酸のこと。有機化合物では、酸無水物のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むすいぶつ【無水物】

化合物から水分子を除いてできるもの。カルボン酸の無水物は酸無水物という。これらは水と反応してもとの物質に戻る。また、結晶水をもつ塩に対して結晶水をもたない塩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無水物
むすいぶつ
anhydride

一般に無水塩、無水酸化物、酸無水物、塩基無水物などをいうが、もっとも普通には無水酸化物をいう。次のような場合がある。
(1)塩結晶の無水物 結晶が結晶水を含まない状態になった場合をいう。
(2)酸の無水物 酸の化学式から水1ないし2分子がとれた形の化合物で、たとえば二酸化炭素CO2、三酸化硫黄(いおう)SO3、三酸化二ヒ素As2O3、五酸化二リンP2O5などは、それぞれ炭酸H2CO3、硫酸H2SO4、亜ヒ酸H3AsO3、リン酸H3PO4などの無水物である。
 このほか、有機酸の無水物、たとえば無水酢酸(CH3CO)2O、無水安息香酸(C6H5CO)2O、無水フタル酸C6H4(CO)2Oなどは酸無水物といっている。
(3)塩基の無水物 アルカリ金属、アルカリ土類金属などの酸化物で、たとえば酸化カルシウムCaOは塩基の水酸化カルシウムCa(OH)2の無水物である。
(4)液体の無水物 酢酸CH3COOHは常温で無色の液体であるが、水とよく混ざり合う。そのため、とくに水を含まない、すなわち100%の酢酸の呼称が必要になるが、これは前記の無水酢酸と区別して氷(ひょう)酢酸といっている。またエタノール(エチルアルコール)は水によく溶けるが、水と水素結合をつくって共沸混合物となり、通常の蒸留によっては完全に脱水することはできず、95%程度にしかならない。完全に脱水するためには生石灰を加えて脱水し、蒸留する。こうしてできたものは無水エタノールとよばれる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無水物の関連キーワード鎖式化合物炭素化合物不飽和化合物飽和化合物脂環式化合物定比化合物不定比化合物極性基ヒ素化合物炭素環式化合物

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無水物の関連情報