アルプ・アルスラーン(英語表記)Alp Arslān

世界大百科事典 第2版の解説

アルプ・アルスラーン【Alp Arslān】

1029‐72
セルジューク朝第2代スルタン。在位1063‐72年。トゥグリル・ベクの甥にあたる。西方へ版図を拡大し,特に1071年,東アナトリアのマラーズギルドの戦でビザンティン軍を破り,アナトリアのトルコ化に道を開いた。アッバース朝カリフを擁護し,宰相ニザーム・アルムルクの助けを得て,軍隊,行政組織,文化施設を整備した。ホラズム遠征の際,捕虜を処刑しようとして,逆に殺された。【清水 宏祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルプ・アルスラーンの言及

【セルジューク朝】より

…セルジューク朝の進出がモンゴルの侵入とは異なり,大きな混乱・破壊を伴わなかったのは,すでにイスラムに改宗し,〈信仰の擁護者〉として出現したためである。次のアルプ・アルスラーンは,グルジア,シリアへ遠征し,71年には東アナトリアのマラーズギルドの戦でビザンティン軍を破った。第3代スルタン,マリク・シャーの時代が最盛期で,版図はシリア,ホラズムから,東はフェルガナ,南はペルシア湾にまで達し,イエメンやバフラインにまで遠征軍を派遣した。…

【マラーズギルドの戦】より

…東アナトリアのワン湖北岸より約50km内陸部の城塞都市マラーズギルドMalāzgird近傍で,1071年に,ビザンティン軍と,アルプ・アルスラーンが率いるセルジューク朝軍との間で行われた戦い。数の上では劣勢のセルジューク軍が,奴隷軍人(グラーム)の働きによって大勝利を収め,ビザンティン皇帝ロマノス4世自身も捕虜となった。…

※「アルプ・アルスラーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android