版図(読み)はんと

精選版 日本国語大辞典「版図」の解説

はん‐と【版図】

〘名〙 (「版」は戸籍、「図」は地図の意)
① 一国領地の地図。〔周礼‐天官・司会〕
② 一国の領域。領土。また、個人の勢力範囲の意にも用いる。
※蕉堅藁(1403)銭唐懐古次韻「百年江左風流尽、小海空環旧版図
※随筆・秉燭譚(1729)五「そのかみは別に一国にて〈略〉いまだ日本の版図には入らずとみえたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「版図」の解説

はん‐と【版図】

《「版」は戸籍、「図」は地図の意》一国の領域。領土。また一般に、勢力範囲。「版図を広げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android