版図(読み)はんと

精選版 日本国語大辞典「版図」の解説

はん‐と【版図】

〘名〙 (「版」は戸籍、「図」は地図の意)
① 一国領地の地図。〔周礼‐天官・司会
② 一国の領域。領土。また、個人の勢力範囲の意にも用いる。
※蕉堅藁(1403)銭唐懐古次韻「百年江左風流尽、小海空環旧版図
※随筆・秉燭譚(1729)五「そのかみは別に一国にて〈略〉いまだ日本の版図には入らずとみえたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「版図」の解説

はん‐と【版図】

《「版」は戸籍、「図」は地図の意》一国の領域。領土。また一般に、勢力範囲。「版図を広げる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「版図」の解説

【版図】はんと

戸籍と国土の地図。領土領民。〔周礼、天官、司会〕國の官府郊野懸の百物財用、そ書版圖に在るの貳(じ)(副本)を掌る。以て群(むか)へ、其の會計を聽く。

字通「版」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android