コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥグリル・ベク トゥグリルベク

百科事典マイペディアの解説

トゥグリル・ベク

トルコ系セルジューク朝初代のスルタン(在位1038年―1063年)。始祖セルジュークの孫。1038年ニーシャーブール(現イラン北東部)に入って王朝を開き,1040年ガズナ朝の軍を大敗させ,アフガニスタンに駆逐して国の基礎を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥグリル・ベク
とぅぐりるべく
ughril Bek
(990―1063)

セルジューク朝の初代スルタン。トゥグリルとは、トルコ語で「鷹(たか)」の意味である。一族の始祖セルジュークの孫にあたる。兄弟のチャグリー・ベク、叔父のムーサー・ヤブグとともにトゥルクメン集団を率い、1035年にアムダリヤを越えて西方に進出、38年にネイシャーブールに入って王朝を開き、40年にはダンダーンカーンの戦いでガズナ朝軍を破った。以後東方の支配をチャグリー・ベクに任せ、54年にはアゼルバイジャン、アッラーンを平定、55年にはバグダードに入って、カリフから史上初めて公式にスルタンの称号を受け、イスラム世界の支配者として公認された。58年にはイブラーヒーム・イナールの反乱を鎮圧して王朝の基礎を確立した。早くからペルシア人官僚を重用し、セルジューク朝文化のペルシア化の原因をつくった。63年にはカリフの娘と結婚したが、その直後、ライの近郊で病没した。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゥグリル・ベクの関連キーワードルーム・セルジューク朝レイ(イランの地名)アルプ・アルスラーントゥグリル・ベック中東史(年表)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android