コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロブロゲス族(読み)アロブロゲスぞく(英語表記)Allobroges

世界大百科事典 第2版の解説

アロブロゲスぞく【アロブロゲス族 Allobroges】

ローヌ川上流地方に住んだガリア・ナルボネンシス州のケルト系部族。そのおもな町にウィエンナ(現,ビエンヌ),ゲナウァ(現,ジュネーブ)がある。前121年ローマの将軍ドミティウスとアロブロギクスに平定された。前63年にカティリナの陰謀に誘われたが参加を拒否。前62年にローマに叛したが,翌年ガイウス・ポンプティヌスが鎮圧した。前52年のウェルキンゲトリクスの率いるガリア人の大反乱にも参加しなかった。【小路 孝子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアロブロゲス族の言及

【ローマ】より

…前133)をもってようやく終止符が打たれた。リグリア族,アロブロゲス族,アルウェルニ族の制圧(前125‐前121)以後,南ガリアもローマの属州となった。
[末期,内乱期(前133‐前31)]
 海外領支配によるローマ社会そのものの変質と,ローマ軍の弱体化という深刻な問題を解決すべく,グラックス兄弟(兄ティベリウス,弟ガイウス)は相次いで護民官となり(兄は前133,弟は前123),土地の再分配政策を掲げて改革運動を行ったが,いずれも反対派によって殺された。…

※「アロブロゲス族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android