拒否(読み)きょひ

精選版 日本国語大辞典「拒否」の解説

きょ‐ひ【拒否】

〘名〙 こばみ、いなむこと。願いや要求を承知しないでことわること。拒絶。また、決議、決定に同意しないこと。〔哲学字彙(1881)〕
※家族会議(1935)〈横光利一〉「どこかで一点拒否する気持のある婦人とは、恋愛をすすめたくないのだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「拒否」の解説

きょ‐ひ【拒否】

[名](スル)要求や提案を聞き入れないで断ること。拒絶。「立ち退き要求を拒否する」
[類語]拒絶一蹴不承知難色断る蹴る拒むいな辞する謝する謝絶する辞退する固辞する遠慮する(謙譲)拝辞する(厳しく強い調子)退けるね付ける突っねる峻拒しゅんきょする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android