小路(読み)コウジ

  • ▽小路
  • こうじ ‥ぢ
  • こうじ〔こうぢ〕
  • こみち
  • しょうじ
  • しょうじ セウぢ
  • しょうじ〔セウぢ〕
  • しょうろ セウ‥

デジタル大辞泉の解説

《「こみち」の音変化》幅の狭い道。町なかの狭い通り。⇔大路(おおじ)
狭い道。こみち。こうじ
原題、〈オランダHet Straatjeフェルメール絵画カンバス油彩。縦54センチ、横44センチ。デルフト市内の一角を描いたものとされる。フェルメールの、数少ない風景画の一。アムステルダム国立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

オランダの画家ヨハネス・フェルメールの絵画(1658頃)。原題《Het Straatje》。デルフト市内の一角を描いたものとされる。数少ない風景画の一つ。アムステルダム国立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

狭く細い通り道。大路に対していう。中世においてはしばらく他所に姿を隠すことを小路隠れといい,近世になるとそれは幼児の遊戯と化した。この小路隠れはおそらく,中世に新しく開発・造成した小路を〈辻子(ずし)〉(または〈図子〉)といい,その道筋には遊女街が形成されるなど特異な都市空間として認識された袋町を成立させていたことと関係があるのであろう。【小田 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こみちの転か
小さい道。大通りから入りこんだ幅の狭い道。こみち。 ⇔ 大路おおじ 袋-
こみち。こうじ。小巷しようこう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 狭く細い道。狭い通り。⇔大路(おおじ)。〔名語記(1275)〕
〘名〙 道幅のせまい通路。こうじ。こみち。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「小路などにはよらぬぞ。路の無い所では慟哭して帰るぞ」
※日葡辞書(1603‐04)「Xôgi(ショウヂ)
※京に着ける夕(1907)〈夏目漱石〉「いつの間にやら幅一間位の小路(セウヂ)に出た」
〘名〙
① 道幅がせまく、道程も短い道。細い道。こうじ。こみち。〔李群玉‐南荘春晩詩〕
② 令制で、交通量の最も少ない街道の名称。山陽道・東山道・東海道以外の街道で、各駅に駅馬五匹を設置する義務を要するもの。
※令義解(718)廐牧「凡諸道置駅馬。大路廿疋。中路十匹。小路五匹」
③ 道幅が大路に次ぐ街路。一等と二等に分け、一等小路は幅四間(約七・三メートル)以上、二等小路は一間半(約二・七メートル)以上で四間未満の道路。〔内務省令第二十五号‐大正八年(1919)一二月六日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小路の言及

【街道】より


[古代・中世]
 古くは地域ごとにおもに情報の伝達,兵員およびその食料の輸送,貢納物の移送といった軍事的・政治的な目的で政治権力によって形成されたとみられ,それらは律令国家の形成にともなって都城や国府を中心として統一的に体系化された。古代律令制においては,都城と諸国府を結ぶ街道として東海道・東山道・北陸道・山陰道・山陽道・南海道・西海道が整備され,このうち都城と大宰府を結ぶ山陽道が最も重視されて大路(たいろ)と規定され,東海道・東山道が中路,他は小路とされた。これらの街道には駅伝制がしかれた。…

※「小路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小路の関連情報