コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンギラス アンギラス Aṇgiras

2件 の用語解説(アンギラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンギラス
アンギラス
Aṇgiras

古代インドの伝説上の7聖仙の一人。7聖仙とは,ブリグアンギラスアトリビシュバーミトラ (またはカウシカ) ,カシャパ,バシシュタ,アガスティヤであり,バラモン階層の人々はこれらの7聖仙の後裔として7種の家系 gotraに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アンギラス

東宝特撮映画に登場する怪獣。初登場作品『ゴジラの逆襲』(1955)での全長は60メートル。恐竜アンキロサウルスが水爆実験により怪獣として蘇ったもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンギラスの言及

【アタルバ・ベーダ】より

…他の3ベーダが正統バラモン教の祭式と結びついて成立したのに対し,このベーダは呪術を本質とし,民間の信仰に起源を発している。災いを払い,幸運を呼ぶ呪詞を収録したこのベーダは,古くは《アタルバ・アンギラス》と呼ばれ,招福をつかさどるアタルバンAtharvan族の呪術と,呪詛をつかさどるアンギラスAṅgiras族の呪術とをもとに成立したことを示している。起源的に他の3ベーダと異なる《アタルバ・ベーダ》は,初めは正統のベーダと認められなかったが,しだいにその地位を向上させ,祭式全般を監督するブラフマン祭官に属する聖典として,第4のベーダの地位を獲得した。…

※「アンギラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンギラスの関連キーワードゴートラ聖仙バールミーキビヤーサプラーナ虞舜地皇転輪王バーラト有虞氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンギラスの関連情報