コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンダーライティング アンダーライティングunderwriting

2件 の用語解説(アンダーライティングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンダーライティング(underwriting)

株券債券など、証券の買い取り・引き受けのこと。古くは単純な記名、保険証書署名をさした。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンダーライティングの言及

【引受け】より

…(2)証券取引法は,証券会社の行う業務の一つとして,有価証券の〈引受け〉を掲げている(証券取引法2条8項4号,28条2項3号)。アンダーライティングunderwritingともいう。ここに引受けとは,有価証券の発行に際し,(a)これを売り出す目的をもって当該有価証券の発行者からその全部もしくは一部を取得すること,(b)ほかに当該有価証券を取得する者がない場合に,その残部を取得する契約をすること,または,(c)発行者のために当該有価証券の募集もしくは売出し(募集・売出し)をすること,その他,(d)直接または間接に有価証券の募集または売出しをするにあたって,通常有価証券の売捌(うりさばき)人に支払われる手数料を超える額の対価を受け取ることをいい,これらの行為を行う者が引受人と定義されている(2条6項)。…

※「アンダーライティング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンダーライティングの関連情報