アンチ形(読み)アンチがた(英語表記)anti-form

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シン-アンチ異性と呼ばれる幾何異性の1つの形体。 >C=N- ,-N=N- のような炭素-窒素,窒素-窒素間の二重結合についても,炭素-炭素二重結合におけるシス-トランス異性体と同様な幾何異性体が存在する。そのシス形に対応するものをシン形トランス形に対応するものをアンチ形と呼ぶ。一般にアンチ形が安定であるが,この場合,窒素原子の非共有電子対がシス-トランス異性の1つの置換基に相当するため,光,などで異性化を受けやすく,その一方異性体だけが知られているものが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android