コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異性化 イセイカ

4件 の用語解説(異性化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いせい‐か〔‐クワ〕【異性化】

化学的、物理的作用により、ある化合物がその異性体に変化すること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いせいか【異性化 isomerization】

分子式を変えることなくその化学構造を変える反応をいう。石油精製工業ではn‐パラフィンをイソパラフィンに変え,オクタン価を高める方法がある。たとえば,この反応を行わせるためには,塩化アルミニウム,リン酸,シリカ‐アルミナ系固体酸などの酸性触媒が必要である。またゼオライトに白金などを担持させた二元機能触媒を用い,ガソリンを水素加圧下で異性化する方法もある。石油化学工業で重要な異性化反応の例は次式に示すようなキシレンの異性化であり,需要の少ないm‐キシレンを需要の多いo‐またはpキシレンに変換する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異性化
いせいか
isomerization

化学的作用あるいは物理的作用によって、ある異性体を別の異性体に変化させること。工業的には、炭素原子数5~6個程度の直鎖パラフィンオクタン価の高い分鎖イソパラフィンに変換するプロセスが重要である。塩化アルミニウムや白金などを触媒としてペンタン、ヘキサンをイソペンタン、イソヘキサンに異性化するが、オクタン価の向上に対する生産コストが高く、補助的な石油改質に利用されることが多い。
 ある光学活性体がその対掌体(互いに実像と鏡像の関係にある1対の光学異性体)に変化する過程も異性化の一つと考えられるが、その生成物が右旋性のd体と左旋性であるl体の1対1の混合物となることが多く、この場合はラセミ化とよばれる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

異性化の関連情報