コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アント人 アントじん Anty

2件 の用語解説(アント人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アントじん【アント人 Anty】

スラブ人の古い一族。ヨルダネスによれば6世紀のスラブ人は北のウェネド人,南西のスクラベン人,南東のアント人からなっており,あとの2者は土器以外は生活がよく似ている。彼らは518年からビザンティン領に侵入し,バルカンスラブ化をもたらすが,アント人は560年以後西進してきたトルコ系のアバール人に攻められ,602年以後は史料から消える。おそらく移動してきたスクラベン人に吸収されたと思われる。【国本 哲男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アント人
アントじん

アンタエ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アント人の関連キーワードアラブ人教会スラブ語スラブ神話スラブ人イスラエルのアラブ人キュリロスビジネスガールビジネスライクアスコリドとジールスラブ人会議

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone