アンドリュー ロス(英語表記)Andrew Roth

20世紀西洋人名事典の解説

アンドリュー ロス
Andrew Roth


1919.4.23 -
米国のジャーナリスト。
ニューヨーク生まれ。
コロンビア大学助手、高校教師、太平洋問題調査会研究員などを経て、第二次世界大戦後ジャーナリストとして活躍する。中東、極東、東南アジア、日本等を歩き、多くの雑誌に寄稿を続けた。1950年代には進歩派ジャーナリストとして、マッカーシズムの「アカ狩り」の対象となる。のち、イギリスへ移り、世界各地の新聞・雑誌に寄稿するかたわら、’84年からは「ニュー・ステーツマン」紙の政治問題特派員を務める。著書に「日本のジレンマ」(’45年)があるが、発表当時はアメリカでは出版の許可がおりなかった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンドリュー ロスの関連情報