コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英岩 せきえいがん silexite

1件 の用語解説(石英岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

石英岩

純粋か純粋に近い珪酸のみからなる火成岩で,脈岩や濃集した塊,同源捕獲岩として産出し,火成ないし熱水性(aquo-igneous)など後マグマ期の成因で,5%程度以下の少量のカリ長石,白雲母,などが含まれることがある[Miller : 1919, 1919,渡辺編 : 1935].石英脈とはペグマタイトと伴う点や,櫛状(Comb)組織を持たない点などで区別される.しかしこの語は次のようにも使用される[Tomkeieff : 1983].(1) 炭質物のために特に黒いチャート(chert)や,炭酸塩層の中のチャートをフランスではsilexiteという[Miller : 1919, Cayeux : 1929, Pettijohn : 1975].しかし現在は使用されない.(2) マグマ期末期の石英岩で,粒状で縫合(sutured)組織をもち,脈または岩脈として産出する岩石.5%程度までの少量のカリ長石,白雲母,セリサイト,カオリンが含まれる.この岩石は脈石英とは異なり,ペグマタイトに伴われ,櫛(comb)構造が欠けていることで区別される[Holmes : 1919, Johannsen : 1922].メソ石英岩(mesosilexite)は石英岩(slexite)と同じ鉱物で構成されるが,暗色鉱物が5~50%含まれているもので,例えばcassiterite-mesosilexiteが知られている[Holmes : 1919].暗色鉱物が電気石の場合には岩石はmeso-tourmaliteと呼ばれる.pyrite-mesosilexiteはpyrotosaliteという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石英岩の関連キーワード純粋詩珪化純粋経済学シリカレナイトコウダイトシリコテライトコーツォライトフェルスパソライト火成角閃岩配偶子純粋の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone