コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石英岩 せきえいがんsilexite

岩石学辞典の解説

石英岩

純粋か純粋に近い珪酸のみからなる火成岩で,脈岩や濃集した塊,同源捕獲岩として産出し,火成ないし熱水性(aquo-igneous)など後マグマ期の成因で,5%程度以下の少量のカリ長石,白雲母,などが含まれることがある[Miller : 1919, 1919,渡辺編 : 1935].石英脈とはペグマタイトと伴う点や,櫛状(Comb)組織を持たない点などで区別される.しかしこの語は次のようにも使用される[Tomkeieff : 1983].(1) 炭質物のために特に黒いチャート(chert)や,炭酸塩層の中のチャートをフランスではsilexiteという[Miller : 1919, Cayeux : 1929, Pettijohn : 1975].しかし現在は使用されない.(2) マグマ期末期の石英岩で,粒状で縫合(sutured)組織をもち,脈または岩脈として産出する岩石.5%程度までの少量のカリ長石,白雲母,セリサイト,カオリンが含まれる.この岩石は脈石英とは異なり,ペグマタイトに伴われ,櫛(comb)構造が欠けていることで区別される[Holmes : 1919, Johannsen : 1922].メソ石英岩(mesosilexite)は石英岩(slexite)と同じ鉱物で構成されるが,暗色鉱物が5~50%含まれているもので,例えばcassiterite-mesosilexiteが知られている[Holmes : 1919].暗色鉱物が電気石の場合には岩石はmeso-tourmaliteと呼ばれる.pyrite-mesosilexiteはpyrotosaliteという.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

石英岩の関連キーワードベルホヤンスク山脈ナーロドナヤ[山]ウールエロアール県シャッターコーンモルビアン県グリンハラ岩全谷里遺跡アルデンヌオアーズ県タコナイトデイト珪岩片状珪岩オルヌ県オーブ県エーヌ県紫金山石器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石英岩の関連情報