アンドレイ ビシンスキー(英語表記)Andrei Yanuar’evich Vyshinskii

20世紀西洋人名事典の解説

アンドレイ ビシンスキー
Andrei Yanuar’evich Vyshinskii


1883.11.28 - 1954.11.21
ソ連の法律家,政治家,外交官。
元・モスクワ大学総長,元・ソ連邦検事総長,元・ソ連邦外相。
オデッサ生まれ。
キエフ大学卒。
1902年ロシア社会民主労働党に、’20年にはロシア共産党に入党。’25年モスクワ大学教授を経て、モスクワ大学総長、’31年ソ連邦検事を歴任後、’35年ソ連邦検事総長となる。その後官界に入り、’40年外務次官となり、’49年外相を歴任し、’53年第1外務次官を務める。’36〜38年の大粛清裁判の国家公訴人として注目され、一躍有名になり、又、ソビエト法学に「ビシンスキー的段階」を画し、ソビエト法理論の確立に尽力。著書に「ソビエト法における法廷証拠理論」(’41年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android