コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィクチオニア Amphiktionia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフィクチオニア
Amphiktionia

古代ギリシアで一つの神域を中心に形成された近隣諸都市の宗教連合の名称。神事同盟,隣保同盟と訳される。「周辺住民」 amphiktionesという言葉に由来する。神殿管理と祭礼維持を旨とした。なかでも,テルモピュレ近郊のデメーテル神殿のまわりにつくられ,のちにデルフォイのアポロン神殿とも結びついた隣保同盟が最も重要で,それにはテッサリア,ドーリアイオニアなど,ギリシアの 12のおもな部族が属し,投票権をもった各部族2名の代表による評議会が1年に2度,デルフォイとテルモピュレで交互に開かれた。この同盟は政治的に重要な意味をもち,次第に列強の政治的な道具と化して,投票権も各都市間の力関係によって左右されるようになった。マケドニアフィリッポス2世も隣保同盟をギリシアにおける覇権獲得の足掛りとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンフィクチオニアの関連キーワードクレイステネス[シキュオン]フィリッポス神聖戦争神聖戦役

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android