コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンペアターン(電磁気学) ampere turn

1件 の用語解説(アンペアターン(電磁気学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アンペアターン【ampere turn】

コイルの捲数にこのコイルを流れる電流値(アンペア数)を乗じたもの.起磁力の単位である.なお,cgs単位系における起磁力の単位であるギルバートは(10/4π)アンペアターンに相当する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンペアターン(電磁気学)の関連キーワードアンペア回数ソレノイドチョークコイル超伝導コイル式電力貯蔵メガー点火コイル二次コイル二次電流脂こいプロコピウ効果

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone